そのシミは薄くなる? 女性を悩ますシミの種類とケアの方法。

健康

シミの種類に合わせたケアをするのが大切

シミを消したい、シミを薄くしたい、と悩んでいる女性は多いと思います。加齢の象徴でもあるシミは、多くの女性にとっても悩みの種です。

 

しかし、シミとは何でしょう? 表皮の上にできる茶色や黒色の斑点で、アザや病気によるものを除いたものが、一般に「シミ」と呼ばれます
それらにはさまざまな種類があり、ケア方法も違います。

 

まずはシミの種類を知ることによって、自分のシミがどういうものなのか、そして対処法について学ぶことがシミをケアするための第一歩です。

シミの種類には大きく分けて以下の6種類があります。

スポンサーリンク

①老人性色素斑(日光黒子)

これまでに浴び続けた紫外線、いわゆる日焼けによってできるシミを老人性色素斑(日光黒子)といいます。薄茶色や輪郭がはっきりしているのが特徴で、女性がシミといって気にするものの大半はこれです。

 

直径数センチの薄茶色の楕円形のシミが頬骨のあたりからでき始めることが多いですが、顔だけでなくカラダにもできます。

 

色白の人や、外で過ごすことが多い人には早めから、日本人ではだいたい40歳前後から現れやすくなります。

 

老人性色素斑はどのようにできるのでしょう。

 

老人性色素は、顔、腕、手の甲やデコルテなどの露光部と呼ばれる場所にできやすいとされています。繰り返し紫外線を浴び続けたことにより、メラノサイトが活発化してメラニン色素を多量に作り出し、もっと進むとメラノサイトの数が増えていきます

 

こうして、肌の表面の細胞だけでなく、ハリを保つのに必要なエラスチンやコラーゲンを傷つけ、さらには、表皮や角質層が厚くなっていきます(進行すると盛り上がって見えてきます)。こうして、老人性色素斑はできます

 

つまり、皮膚の構造自体が変わってしまっているので、このように完成してしまった老人性色素斑には美白化粧品は効きません。美白化粧品はメラノサイトがメラニン色素を作る作業を邪魔し、メラニン色素の量を減らすように働くものです。変化してしまった表皮を元に戻す力はありません。

 

よって、老人性色素斑は美容クリニックなどで行うレーザー治療でないと取れないのです。

②脂漏性角化症

脂漏性角化症は、老化に伴いイボ状に盛り上がって皮膚の上にできる、一種の良性腫瘍です。別名「年寄りイボ」ともいわれているこの症状は、その名のとおり加齢によって皮膚に現れるものです。

 

老人性色素斑からできることもあります。こめかみなど髪の生え際からでき始めることが多いようですが、頬でもまぶたでもボディでも、どこにでもできます。

 

色は白っぽいものから茶色のもの、ほくろのように真っ黒のものまでさまざまです。かゆみを伴うものもあります。

 

美白化粧品は効かず、レーザー(主に炭酸ガスレーザー)治療で取ることができます。液体窒素で凍結して取るやり方もありますが、魔法のように消えるわけではなく取った後にまわりの皮膚がかさぶたとなって輪状に黒ずんでしまうことがあるので注意が必要です。かさぶたとなって剥がれ落ちた後に、ピンク色の新しい皮膚が出てきますので、その後のケアをしっかり行うことが大事です。

 

美容皮膚科では、大きくて目立つものは液体窒素で取りますが、炭酸ガスレーレーザーで焼くことが多いようです。レーザー治療というと怖い感じもしますが、保険適応できる場合もありますので、それほどの費用負担はないようです。

 

脂漏性角化症は、自然に治ることはありませんので、いずれにしても専門家に相談する必要があります。

スポンサーリンク

③肝斑(かんぱん)

 

最近CMなどによって、一般に知られるようになったシミの一種です。
女性ホルモンのバランスが影響しているとされ、加齢とともに増えていく老人性色素斑などとは大きく異なります。

 

妊娠中にできやすく、月経不順やピルの服用がきっかけで発症することがあります。30〜40歳代で発症するケースが多く、50歳代後半を過ぎると薄くなったり消えてしまったりするケースもあります。高齢になってからの発症は極めて少ないのが特徴です。

女性ホルモンの分泌がもっとも盛んな30〜40歳代が、いわば「肝斑世代」といっていいでしょう。

ちなみに、肝斑の発症と女性ホルモンはこのように密接な関係があると考えられますが、その肝斑の治療に用いられるトラネキサム酸は、女性ホルモンに直接影響を与える成分ではありません。

 

CMの影響から多くの女性が「私は肝斑かも?」と考える事が多いようですが、肝斑の発症率は世間で思われているほど多くありません。ある大学病院のシミ外来を受診した人のうち、肝斑の人は数%にすぎず、やはり大半は老人性色素斑であったというデータもあるようです。

 

肝斑は頬骨の高い部分に左右対称にできることが多く、形はまが玉のような楕円形をしています。肝斑のもっともわかりやすいポイントは、左右対称に広がっているかどうかです。

 

鏡を見て、左右対称のシミを見つけたら、まず肝斑を疑ってみましょう。肝斑は、もやもやとした淡い茶色か灰色で、目の周囲は避けて現れるので、そこだけ色が抜けたように見えることもあります。額や鼻の下、目尻の下や額、口のまわりに出ることもあります。

 

肝斑の治療には、トラネキサム酸という飲み薬が有効であることが知られています。また、漢方薬の桂枝茯苓丸も有効なことがあります。

 

トラネキサム酸は、もともとは抗炎症薬や止血剤として医療の現場で使われてきましたが、肝斑の改善にも効果が認めらることが発見され、医療機関でも肝斑の治療にトラネキサム酸を処方してきた実績もあります。

 

女性ホルモンのバランスの乱れが一つの要因といわれている肝斑ですが、トラネキサム酸は女性ホルモンに直接影響するのではなく、メラニンをつくり出すメラノサイトにはたらきかけ、色素沈着抑制効果を発揮して肝斑を改善します。

 

トラネキサム酸は、現在では市販薬として手軽に手に入るようになりました。しかし、トラネキサム酸は副作用に注意が必要な第一類医薬品で、もともとは止血剤ですので、服用に関しては慎重になる必要があるでしょう。

 

トラネキサム酸の市販薬として人気があるのが、第一製薬の「トランシーノII」です。この製品はAmazonでもベストセラーの人気を誇るようです(執筆時で売れ筋ランキングが全商品の100位以下!)。

飲み薬のほか、ホワイトニングリペアクリームもあるようです。

「トランシーノII」のAmazonサイトはこちらから。


【第1類医薬品】トランシーノII 120錠


第一三共ヘルスケア トランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリーム 35g 【医薬部外品】

 

④雀卵斑(そばかす)

顔に小さな斑点が広がる「そばかす」は、遺伝的な要因で発生するシミと言われており、以下のような特徴があります。

 

●白人に多く、日本人には色白の人に多い傾向が多い。

●年齢的には、5〜6歳の幼児期からでき始め、成長期とともに増えて思春期に濃くる。それ以降薄くなる場合もあるが、個人差が大きい。

●鼻の付け根の部分を中心に、頬全体に散らばったように小さなシミができる。まぶたにもできる。顔の他にも、背中、胸元、肩、腕、手など、紫外線にあたりやすい場所にあらわれる。

●よく見るとシミのひとつひとつが丸でなく、三角や四角い形をしている(雀卵斑とは、すずめの卵のような模様という意味。すずめの卵を見かけることはあまりないが、うずらの卵の模様に似ている。また、そばかすという言葉は、そばがらをくだという意味)。

●紫外線の影響で濃くなるため、春から夏は目立ち、秋から冬にかけて薄くなる傾向がある。

 

雀卵斑には、構造上は美白化粧品が有効なはずですが、遺伝が主な原因のため、美白化粧品を使っても実際には目に見えて薄くなることはあまりありません。紫外線で濃くなることが多いため、日焼け対策が肝心です。

 

レーザー治療をすると非常にきれいに取れますが、再発することもあります(人によります)。レーザー治療をする場合は、いきなりたくさんの雀卵斑にレーザーをかけるのでなく、数カ所試してみて、すでに再発してこないか確認してからのほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

⑤炎症性色素沈着

炎症性色素沈着は主に、かぶれ、傷、ニキビが原因どがシミになって残ったものです。炎症性色素沈着は「一時性」と「慢性」に分けられるため、まずどちらであるかを見極める必要があります。

一時性とは、火傷や外傷による傷が治って色素が沈着している場合です。こちらは放置していても次第に消えていきます。

 

慢性の場合は、アトピー性皮膚炎、かぶれ、ニキビなどが慢性的にできているその部分に、時間をかけて次第にその部位に色素が沈着していくため、消えないシミとなって残る場合です。

 

通常は皮膚のターンオーバーによってメラニン色素が排出されもとの肌色に戻りますが、紫外線対策を怠って、メラニン色素が沈着してしまった場合は老人性色素斑となってしまいます。

 

炎症性色素沈着にはレーザー治療は向きません。ピーリングの反応がもっともよく、早く薄くすることができます。一時的な炎症性色素は、放っておいても年月とともに薄くなることが多いですが、何年もかかるケースもあります。

 

⑥花弁状色素斑

海水浴などで強烈な紫外線を一気に浴びることによって、背中や体のあらゆる場所にできるシミです。光線性花弁状色素斑ともいいます

 

花弁状色素斑の特徴は薄茶色からこげ茶色の数ミリ~数センチの大きさのシミで、花びらが散ったような形をしています。

 

20~30代の人にできやすく、肌の色が白い人に多く見られます。他にも日焼けをすると肌が真っ赤になる方も注意が必要になります。

日焼け直後に現れるだけでなく、数ヶ月後に現れるケースも見られます。

紫外線の積み重ねというよりは1度の強い日焼けでできるシミです。よく見ると小さな花のような形をしているので、この名前がついています。

花弁状色素斑は強い紫外線を大量に浴びることで起こることが多く、肌が真っ赤になるぐらいの日焼けを繰り返すことで、メラニンが大量に生成され、排出されることなく肌の内部に沈着してしまうことが原因となっています。

光線性花弁状色素斑を消すには、一般皮膚科や美容クリニックを受診してレーザー治療を受けるか、市販薬で徐々に消す方法があります。

まとめ

一口に「シミ」と言ってもさまざまな種類があります。加齢に伴って現れるもの、遺伝性のもの、そして、紫外線によるメラニン色素定着によるシミです。

シミはその種類によって、治療方法も異なります。自分のシミがどのような種類なのかを正しく知って、対処することが必要になります。

コメント