台風や低気圧で発生する頭痛や体調不良の原因と天気の関係。

健康

 

暑さも和らいで過ごしやすい日が多くなってくる9月、体調を崩している人を多く見られるのもこの頃です。

 

どんより曇って、シトシト雨が降って湿気が多かったり、台風が日本を横断して気圧が急降下することも多い季節です。

 

スポンサーリンク

天候の変化よって引き起こされる「気象病」

 

そんな日に頭痛やめまいがするなど、体調不良を訴える人があなたの周りにもいませんか?

 

かくいう私も小さい頃から頭痛や肩凝りに悩まされています。特に台風などで低気圧が通り過ぎる前後にこめかみに頭痛を覚えたり、腰痛になったり、体がむくんだりすることが多いのです。

 

このような天気によって引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれています
特に女性に多いと言われているこの気象病ですが、なぜ低気圧になるとこのような不調が起きるのでしょうか。

 

例えば、標高の高い山では低地よりも気圧が低いのですが、山で袋に入ったスナック菓子がパンパンに膨らむのを見たことはないでしょうか。

 

袋の気圧は一定ですが、周りの気圧が低くなる事によって、袋の中の気圧が高くなり、結果敵に袋が膨らみます。体の中ではこれと同じ現象が起きているのです。

 

低気圧による体調不良のメカニズムについて見てみましょう。

低気圧の体への影響① 脳の血管が膨張して三叉神経を刺激する。

低気圧で周りの気圧が下がると、脳の血管が拡張します。すると、拡張された血管の周りにある「三叉神経」が刺激されて炎症物質が発生し、頭痛が起こると考えられているのです。

 

偏頭痛を持ってる人は普通の人よりこの低気圧に敏感で、脳の血管が膨張することで、脳の一番大きな神経である「三叉神経」が刺激されてずきずきと痛みを感じます。
この頭痛は「低気圧性偏頭痛」と言われています

 

ちなみに、この時は血管だけでなく、体の臓器やリンパも膨張します。そのため、頭痛だけでなく体がむくんだり、手足がだるくなったり、全身に痛みを感じたりするのです。

 

スポンサーリンク

低気圧の体への影響② 血圧が低下して体の筋肉の緊張をもたらす。

 

気圧が下がると、血管だけでなく血圧も低下します。血液を押し出す力が弱くなるのです。そのため、臓器や筋肉などの細胞に十分な血液が行き渡らず、血行不良になりやすくなります。

 

血行不良になることで肩凝りや目の疲れなどが起こります。血流が悪くなると、肩や首、その他全身の筋肉が緊張してこわばってしまいます。この状態がより頭痛を起こしやすくなるのです。低気圧は脳の血管だけでなく、体の血液の流れにも影響してしまいます。

 

低気圧の体への影響③ 自律神経が乱れて副交感神経が活発になる。

 

自律神経とは、無意識のうちに心身の機能を調節してる神経です。

副交感神経と交換神経はシーソーのように作用しています。交感神経は血管を収縮させ、体が緊張状態、つまり活動している時に活発になる神経で、副交感神経は、交感神経とは反対の働きをする神経で、血管を広げてリラックスさせる働きがあります

 

低気圧になって血液循環が悪くなると、体は勝手に眠い状態だと判断します。そこで、副交感神経が活発になります。これによって、全身がだるくなったり、頭がボーっとしたり、十分な睡眠を採ってるのにもかかわらず、寝ても寝ても眠くなってしまうという症状が起きることになります。

 

台風が通過する時は、気圧の変化が急激なうえ、通り過ぎるスピードが早いためにこの気圧の上下の変動が激しく、自律神経が気圧の変化に対する調整が効かなくなるため、体調不良が起こりやすくなるのです。

 

このような症状が引き起こす頭痛や体の不調はどのようにしたら予防・対策できるのでしょうか。

低気圧頭痛が起きた時の対処法。

 

①早めに薬を飲む。

 

意外なことですが、低気圧頭痛には頭痛薬は効きにくいと言われています。偏頭痛には市販の頭痛薬は効かないことが多いのですが、はやめの対応をすることで痛みを予防することができます。

②こめかみや頭を冷やす。

 

これは偏頭痛の対処法を似ていますが、脳の血管が膨張して起こる低気圧頭痛は、血管を冷やすことで改善できるのです。

氷嚢などでこめかみや首筋、目の上などを冷やすことで痛みが緩和することができます。

③カフェインを飲む。

 

コーヒーやお茶に含まれるカフェインが入った飲み物が頭痛を緩和する効果があります。また、カフェインには交感神経を活発にさせる働きもあるため、低気圧でぼんやりした頭をすっきりさせる効果があります。

④酔い止めの薬を飲む。

これも意外なことですが、低気圧性頭痛には酔い止めの薬が効くことがあるようです。これは、気圧の急激な変化によって、脳から三半規管への情報が混乱してめまいなどが起きると考えられています。

 

この症状は「乗り物酔い」の状態に近く、乗り物酔いに含まれる「抗ヒスタミン剤」という成分が自律神経を鎮め、内耳のバランスを整える効果があり、これが頭痛に効く場合があるのです。

頭痛薬が効かない場合はこの「酔い止め薬」を試してみるのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

台風などの気圧の変化を調べるアプリ。

台風や低気圧の情報を調べるのは、もちろん気象情報に気を配って対処することが大事ですが、スマホアプリにはこんなものもあります。

頭痛ーる(無料)


毎月25万人以上が利用中!
気象予報士が開発した頭痛・気象病対策No.1アプリ。
頭痛や気象病の起こりそうな時間帯の確認や、痛み・服薬記録として体調管理にお役立て下さい。

 

iPhoneアプリの「頭痛ーる」は天気によって起こる頭痛を予測してくれます。頭痛〜るを立ち上げてみると、気圧の変化が激しい場合はピンク色の帯でその時間帯が「警戒」すべき時なのを知らせてくれます。

 

私もこのアプリを入れていて「なんだか調子が変」「気圧の変化があるから頭痛が起こりそう」という時に確認してみると、たいていピンク色の帯が「警戒」を知らせてくれます。

 

「頭痛ーる」で低気圧頭痛を予防することはできませんが、事前に薬を飲んだり、頭痛の原因が「低気圧」だと確認できることで、体調不良に対する不安を和らげたり、早めの対応をすることが可能です。

スポンサーリンク

まとめ

台風の発生や秋雨前線の通過も多いこの季節、体調の不良に悩まされている人も多いかと思います。原因不明の頭痛や不定愁訴が起きると、精神的にも憂鬱になりがちです。

 

しかし、体調不良の原因は自らの体だけが原因ではなく、季節の変わり目や気圧の急激な変化によるものも多いのです。

 

特に気圧の急激な変化は、自律神経のバランスを崩し、血流を悪化させたりして偏頭痛やめまい、むくみ、だるさを引き起こします。

 

気候の変化を変えることはできませんが、何が原因かを見極めていれば、少しでも軽くなるような対応策を取ることもできます。自分の体の動きを見つめて、何が原因で何をすれば悪化することがないか見極めて対処していくことが大切です。

 

 

 

コメント