ホルモンバランスをととのえる「低用量ピル」と「ホルモン補充療法」

健康

女性ホルモン剤で自分のからだと心を守る

女性ホルモンは、女性のからだや肌、そしてメンタルな部分にまでいろいろな影響をおよぼしています。女性ホルモンの減少によって起きるプレ更年期以降からの不調には、女性ホルモンを外から足してホルモンバランスを改善する方法が早くて効果的な改善策といえます。

 

スポンサーリンク
 

女性ホルモン剤には、まだ副作用が怖いというイメージをもっている人もいるでしょうが、もともと自分のからだにある成分を取り入れるだけのこと。ホルモンのしくみを知ってぜひ試してみることも検討しましょう。

 

月経があるうちはピルを。閉経後はホルモン補充を。

 

女性ホルモンのバランスが乱れ始める更年期初期の不調には、低用量ピルが有効だと言われています。ホルモンのバランスを安定させる働きがあるので、月経不順や月経痛、月経前症候群(PMS)にみられるイライラや気分の落ち込みなどが改善できます。

 

エストロゲンの分泌量が急激に減少して閉経が近くなると、ホルモン補充療法に切り替えていくのが一般的な治療法です。低用量ピルやホルモン補充療法で使用するエストロゲン剤やプロゲステロン剤は、医師の処方箋がなければ購入できません。

 

まずは婦人科を受診して女性ホルモン剤の利用について相談するとよいでしょう。

 

更年期の症状は人によって違います。低用量ピルとホルモン補充療法を上手に活用して、自分のからだと心の元気を保ちましょう。

 

このように、更年期の初期には、更年期症状の予防になるような低用量ピルの使用を、そして、更年期の症状が出始め、女性ホルモンの低下が始まったら、ホルモン治療法に切り替えていくことで、ツライ更年期の症状を和らげることができるでしょう。

 

スポンサーリンク
また、漢方薬の使用は体に副作用が出にくく、体質改善も期待されますので、時期を問わずに検討することができます。

 

低用量ピルとは?

OCもよばれる低用量ピルは、プロゲステロンの分泌の変動を穏やかにするホルモン剤毎月起こるエストロゲンを抑えてホルモンバランスを一定に保つので、避妊薬として知られていますが、月経痛などほかのさまざな目的にも使われています。

女性ホルモンの分泌が乱れてくるプレ更年期の不調を改善することができます。

 

ホルモン補充療法とは?

急激に減少するエストロゲンを補充する治療法で、HRTともよばれています。エストロゲンの不足によって起きるさまざまな更年期症状に大きな効果を発揮します。

さらに更年期症状だけでなく、エストロゲンの不足によって、今後起こりやすくなってくる動脈硬化や骨粗鬆症、アルツハイマー、尿失禁などの予防にも効果があります。

 

低用量ピル(OC)でまずは女性ホルモンの安定を。

 

低用量ピルというと、どうしても避妊薬というイメージをもたれがちです。もちろん避妊薬としても使われますが、低用量ピルの効果はそれだけではありません。

そもそもピルというのは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲストーゲン(人工の黄体ホルモン)を合わせた薬です。含まれているホルモン量によって、高用量、中用量、低用量の3種類があり、現在よく使われているのは、エストロゲン量が30の低用量ピルです。

 

低用量ピルは、月経周期による女性ホルモンの変動をなだらかにして、月経痛や月経前症候群(PMS)の症状の緩和に効果があります。また子宮内膜の増殖を抑えることができるので、子宮内膜症の治療薬としても使われています

 

出典;「知ろう、治そう、PMS」

女性ホルモンの乱れによって起きてくる、プレ更年期からのからだや心、肌の不調は、月経がある間は低用量ピルを飲んでホルモンを安定させることで、症状を改善することができます

 

スポンサーリンク

副作用はほとんどない! 安心して服用できる低用量ピル

 

ホルモン剤というと、副作用があるのではと不安に思う方がいます。
しかし低用量ピルには、ほとんど副作用はありません

人によっては薬の飲み始めに、軽い吐き気や頭痛、乳房のはり、むかつきを感じることがありますが、数日 数週間で消えることがほとんどです。吐き気止めや漢方で症状がおさえられますので、もし気になる症状があったら、主治医に相談しましょう。

 

女性特有のトラブルに効果を発揮する低用量ピル

 

低用量ピルを服用中は避妊効果もあり、女性ホルモンを安定させるので、月経前のイライラや気分の落ち込みも改善され、とくに月経前症候群(PMS)の治療にも有効です。

 

また月経痛のつらい症状や、月経周期の乱れ、月経血の量みなど、月経にともなうさまざまな症状の改善にも効果があります。

皮脂の分泌をさかんにする黄体ホルモンの影響でできやすくなるニキビも低用量ピルでホルモン量をコントロールすれば治療効果が期待できます。

 

さらに毛深いことで悩む女性にも、低用量ピルは有効です。

 

低用量ピルはだれでも飲めるの?

低用量ピルは安全性が確立した薬で、だれもが安全に飲めるように進化した薬です。

 

飲めないのは、これまでに何度も血栓症を起こしたことがある人、乳がん治療中の人、高齢のヘビースモーカー(血管がボロボロになっている)などごくわずかです。

ほとんどの月経のある年齢の女性は、安全に飲めますので安心してください。

まとめ

 

更年期はどんな女性にとっても多かれ少なかれツライものです。人によっては、鬱になって生活に支障を来たしたりする人もいるのです。

けれども、低用量ピルをプレ更年期に、更年期に入ったらホルモン治療を医師の指導のもとで受けることで、健やかな毎日を手に入れることができるでしょう。

 

コメント