現在の仕事で成果を上げている人は、そうでない人より転職に成功しやすい。

ビジネス


スポンサーリンク




転職をしたい理由はさまざま。ポジティブな理由もあるがネガティブな理由も多い。

 

転職を決断する人は、多かれ少なかれ今の職場に見切りをつけています。現在の職場に満足していないから、新たに環境を変えたいと思っているのです。

 

その理由は人によってさまざまです。例えば、新しい職場に行ってまったく別の仕事にチャレンジしたいという、ポジティブな志望動機をあげる人もいれば、職場での人間関係がうまくいかない、上司との相性が悪い、会社内での評価が低い、自分の意見が聞き入れられず、チャンスを与えてもらえない、などと言ったネガティブな理由で転職を考える人も多くいます。

 

今どきであれば、職場の労働環境が劣悪で、俗に言う「ブラックな環境だから、少しでもホワイトな環境に移りたい」という人も多いでしょう。

 

いずれにしても、自分以外の別の理由のせいで、うまく活躍することができないという人です。

転職理由が自分以外のところにある人は良い印象を持たれない。

採用面接でも、先に挙げたような他の要因による転職理由を口にする人がいますが、実は第三者から見れば、言い訳にしか聞こえません。そして決まって良い印象を持たないという点では共通していているのです。

 

人間関係の悪さや自分が思ったような評価を与えられていない、と言う声は、多かれ少なかれ、どの企業にもあることです。また残業が多く、休みが少ない、給与が安い、という点も第三者から見ると、判断がつきにくい面があります。

 

前の会社では、本人が仕事をうまくこなすことができずに、与えられた仕事量をこなすために残業が増えるのかもしれません。また、企業としては、仕事の絶対量が多ければ、現場に残業を強いることはある程度仕方がないことなのです。

これは、採用側の企業にとっても、多かれ少なかれ思い当たる節があったりするわけです。ですから、転職理由としてそういった不満を挙げるのは、決して得策ではありません
採用側は、面接で現在の勤務先の悪口を聞きたいわけではないのです。

 

このように、転職するのは他に責任があると面接で述べる人は、おおよそ転職活動もうまくいかないことが多いのです。

 

自分の今の仕事の評価がついてこないのも、現在の職場でベストを尽くしていないことが少なくないからです。

会社の中で部署を転々と異動する人にもその傾向は見て取れる。

 

ひとつの仕事をうまく続けられず、ひとつの会社の中でも転々と部署を異動し続ける人がいます。新しい部署から請われての異動ではなく、自らが「異動したい」からというのがそういう人の特徴です。

 

そういった人は、たいがい次の職場(社内)でもうまく行きません。しかし、そういう人の異動の理由は、「上司と相性が悪いから」「仕事を任されなかったから」「評価されてないから」という理由がほとんどなのです。

 

こういう人は、どこに行っても「目の前の仕事ができていない」のです。ですから、転職する時もまったく同じで、新天地に行けば自分が活かされるだろうと思ってるのですが、「活かされる」のではなく、自らを「活かす」ように働かないと、結局どこに行っても同じ轍を踏むことになります。


スポンサーリンク




当てはまらないケースは「現在の仕事でも成果を出している人」。

一方で、残業が多く休みが取れない、仕事が面白くないなどの理由でも、それに当てはまらないケースもあります。

 

Aさんは、小売業の店長から、人材サービスへの会社の転職に成功しました。元の会社は仕事が面白く、業績も良かったのですが、休日がほとんどありませんでした。そのため、残業時間も多く、長く働き続けることがむずかしいと考えての転職でしたので、有休が取れる転職後の会社に満足しています。

 

税理士法人から転職したBさんの転職理由は、仕事がルーティンで面白くないという理由です。公認会計士という難易度の高い士業の資格を持っているのですから、年収も高い専門職なのですが、仕事が面白みに欠けるという人も多いようです。転職後は事業会社に就職し、以前よりも仕事がエキサイティングで楽しいとBさんは言います。

 

二人に共通する転職理由は労働環境の改善でしたが、転職に成功した大きな理由は、二人とも前職で一定以上の評価を受けていた人材だった点でしょう。

 

転職先の面接官が見るのも、つまりは与えられた環境で、どれだけその人が頑張ったのかという点です。その上で、自分以外の他を理由にしていないか、ということを見て判断していくのです。

まとめ

転職に成功する人の多くは、現職でもベストを尽くしているということが重要になります。今の待遇や人間関係が嫌だというだけで、転職を志したとしても、面接官はそれを見抜いてしまうでしょう。

 

新しい職場に移って来たとしても、同じように不満を言い続け、他のせいにするのではないかというのがなんとなく分かってしまうからです。

 

もちろん、不満を抱くことがなければ、転職を志す必要もないわけですが、自らが現状の仕事でベストを尽くしているかについて、一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

コメント