転職に成功する人は志望動機を伝え、後悔する人は転職理由しか伝えない。

ビジネス

転職理由と志望動機は同じではない。

転職をしようと考える人は、多かれ少なかれ、現状の職場でやりたいことが思い通りできていません

 

そして、おそらく社内で自分が評価されていないと感じている人が多いのではないでしょうか。

 

なぜなら、勤めている会社で十分評価されていれば転職しようとは思わないからです。給与面でもそうですし、自分が置かれているポジションについても不満があるのです。他にも例えば、会社のトップから自分が可愛がられていない、同期に比べてあまり評価されていない、などと感じているでしょう。

 

そういう感じは面接の相手にも何となく伝わりますし、満足するポジションではなく、主流ではないという感覚は、年齢を重ねるごとに強くなってくるものです。

 

だから、そういう人は現在の職場に見切りをつけ、新しい職場で新天地を求めたいと思い始めるのです。それ自体は悪いことではないでしょうが、採用する側から見ると、それは個人としての転職理由であって、志望動機ではないのです。

 

では、この二つにはどの様な違いがあるのでしょうか。


スポンサーリンク



転職に失敗したAさんは、転職理由となる上司への不満を面接官に訴えた。

Aさんという人がいるとします。 Aさんは、直属の上司とウマが合わず、転職を考え始めました。実際のところ、上司はAさんに、いきなり残業を言いつけられたり、必要とは思えない作業を迫ってきます。部下に対してそういう仕事のさせ方をするという、社内でもあまり評判の良くない上司でしたので、Aさんは、言いつけられた事に納得できずに、一度反論したことがありました。

 

しかし、その上司はそれには応えず、それ以降、Aさんに対してさらに強い態度を取ってくるようになります。仕事の指示はますます理不尽になってきました。

 

Aさんは我慢しきれずにその上の取締役に直訴したいと考えますが、その上司はAさんが直訴しようと考えていた取締役に可愛がられてるのでした。しかもその取締役は次期社長と噂されている人物です。

 

このままでは、仕事も順調に進められないどころか、査定でも良い評価をもらえるとは思えません。これでは、今後の昇進も昇給も頭打ちになると感じたAさんは、転職活動をスタートさせます。転職先は自分のキャリアが活かせることを念頭に置いて、慎重に選びました。

 

しかし、Aさんは、最初の面接でことごとく落ちてしまいます。原因は、面接で志望動機を聞かれた際に、今の上司の理不尽さを面接官に訴えてしまったからです。

 

次の段階への面接に進めないことが連発し、転職活動はうまく行かずにすっかりやる気を失ってしまったAさんは、会社でもミスを連発します。結果として、別のセクションへ左遷されてしまいました。

 

転職に成功したBさんは、志望した企業でやりたい動機を明確にもっていた。

 

一方、Bさんは、業界2位の会社に勤めていましたが、業界3位の会社へと転職しました。

 

それまで勤めていた会社も居心地は悪くないばかりか、給与面でも良かったのですが、保守的な体質で、海外展開に消極的でした。小さい企業でも早い段階で海外に進出すべきだと主張するBさんの意見は、提案しても受けいられることがないどころか、上司が握りつぶしてしまいます。

 

それを繰り返しているうちに限界を感じるようになったBさんは、業界3位ではあるけれど積極的な海外展開を進めている今の会社の方が自分が合ってるのではないかと考え始めます。

 

同じ業界ですから、業界事情にも詳しく、会社の体質や方針の違いについても理解していましたので、その中で自分ができること、やりたいことをアピールしたのです。

 

業界事情にも仕事にも精通し、キャリアも十分、自社の考え方にも共感するBさんに企業は魅力を感じ、採用を決定します。収入面では若干ダウンしましたが、新規事業部に入り、以前よりも権限のあるポジションに付き、やりがいを感じています。

 

志望動機をしっかり整理することが大事。

 

人を採用する際に企業は、前職を辞めたい理由を聞きたいのではありません。なぜ、自分の会社に入社したいのか、そして会社の中で何をしたいのかを知りたいのです。

 

ですから、面接を受ける前にこの志望動機をしっかり整理しておく必要があります
志望動機をきちんと説明するには、次の3つをしっかり伝えることが大事です。

①業界の魅力
②企業の持っている魅力
③仕事内容の魅力

 

もし、同じ業界にいるのであれば競合他社から見たその会社の魅力を伝えることができれば、より説得力がありますし、別の業界ならその業界ならではの面白さや将来性自分自身が興味を持った仕事について言及すれば良いでしょう。

 

採用側が「なるほど」と思える視点で、志望動機を説明する必要があるのですが、上のうちのひとつしか伝えない人が多いのです。

 

そして、Aさんの例のように、転職理由と志望動機がごちゃ混ぜになっていることもよくあります。そこをきちんと区別して自分をアピールしないと、今の会社に不満があって辞めるという風にしか受け止められません。

 


スポンサーリンク



まとめ

 

志望動機がなく、辞めたい理由だけがある人は面接では良い印象を与えないのです。
やはりどんな企業も活躍できず不満だらけの人より、実績を残して活躍している人が欲しいわけですから、志望動機を自分なりにまとめて説明できるようにしておきましょう。

 

企業活動にとっては、利益を生まない社員を雇うことはできません。自分がどのような価値(役割)をその企業に提供できるかを明確に伝えることが大切になってくるのです。

 

コメント