マッサージや湿布も要注意。慢性的な頭痛や腰痛の原因は「血流」。

健康

マッサージはその場の対処療法。一晩寝たら、もう痛みは復活?

マッサージも湿布も結局はその場しのぎ?根本的な解決策ではない。

 

頭痛や腰痛に悩む多くの人が思いつく鎮痛剤以外の対処法に「マッサージ」があります。しかし、残念ながらマッサージは根本的な解決策ではありません。

 

とはいえ、一時的にでも頭痛や腰痛、肩凝りなどが改善して、楽にしてくれるという点ではマッサージには大きな効用があります。また、薬物のような副作用はあまりありません。

 

ですが、マッサージで一時的に体が楽になったと感じても、すぐに痛みの症状がぶり返したり、体が重たくなったりすることがあるはずです。

 

マッサージを受けた直後は一時的に筋肉がほぐれて痛みも和らぐのですが、その原因そのものを解消することができなければ痛みは根本的に解決することはありません。

 

また、また首から腰にかけての背骨の中には、たくさんの神経が通っており、脳と体をつなぐ働きをしています。

 

マッサージによって首やその周辺に加えられる過度な刺激によって、背骨の中にある椎間板がずれ、脊髄や神経を圧迫して痛みを引き起こすこともまれにあるのです。

 

マッサージそのものが悪いわけではく、このようなリスクを踏まえた上で体調管理に賢く利用するのは問題ありません。ただし、マッサージが根本的治療法にはならないということを頭の片隅に置いておきましょう。


スポンサーリンク




服用しなくても危ない?体に貼る湿布にも大きなリスクが潜んでいる。

鎮痛剤の危険性をこちらの記事で書きましたが、それと同様に注意が必要なのは湿布です。
貼るだけで痛みを取ってくれる湿布は、腰痛に悩む人にとっては救世主のようなアイテムです。

湿布は外用薬だと思って安心してはいけない。鎮痛剤と同じ。

 

もちろん処方箋通りの適正な量を適正な期間使うことには問題ありません。ところが適正量を守らず長く続い使い続けていると、腎機能障害や胃腸障害などの原因となることもあるのです。

 

意外に思うかもしれませんが、湿布の有効成分も鎮痛剤の成分と変わりません。湿布薬のパッケージには「経皮吸収肩鎮痛消炎剤」と書いてあるはずですので、一度確認してみてください。つまり、痛み止めの成分が服用ではなく、皮膚から吸収される薬であるのです。

 

口から取り込む鎮痛剤も皮膚から取り込む湿布も本質的にはさほど差は無いのです。

一時的な痛みが慢性痛へと悪化して、血流が悪くなる。

一時的な痛みはその原因となる病気や傷が治れば、徐々に弱くなっていくものです。

ところがその時すぐに適切な治療をせずに我慢していると、一時的に起こった痛みが別の新たな痛みを引き起こし、慢性頭痛や慢性的な腰痛へと発展することも少なくありません。

 

体の一部が傷つくと、傷ついたという情報が脳に伝わって私たちは痛みを感じます。痛みが生じると交感神経が緊張します。

痛みは体の内部が傷ついているから。痛みを感じることで血流が滞る。

 

すると、全身の血管や筋肉は緊張して収縮し、血流の流れを悪化させます。血流の流れが悪くなると、発生した痛みを引き起こす物質が体内に滞ってしまうのです。

 

痛みが起こっても、体が健康な状態であれば交感神経の高まりはすぐに収まります。
その場合、血流が悪くなることもなく痛みも次第に収まります。

 

しかし、痛みが長引けば長引くだけ交感神経が緊張している状態が続くことになります。結果として血流の悪い状態も長引き、痛みを引き起こす原因物質が多く作られるようになります。

 

この痛みを引き起こす物質は、血管を収縮させる働きがあるため、血流をより悪化させてしまいます。するとより一層痛みを引き起こす物質が作られて新たな痛みが発生します痛みがいつまでも取れないという痛みの悪循環が引き起こされてしまうのです。

 

このように痛みが慢性化すると痛みはなかなか消えなくなります。毎日の生活の中でも痛みにばかり気を取られ、眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態になってしまったりして症状がより重くなる事もあるのです。

 

血流の悪化が痛みの根本原因。

 

薬やマッサージでも改善せず、我慢をしても逆効果。そんな手の施しようのない痛みですが、実は血流と深い関係があります。

 

血液は骨の中心部の骨髄で作られています。そして体中に酸素や栄養素を運んだり、体温を保ったりといった人間が生きていくために欠かせない働きをしてくれています。

 

しかし血流が悪くなると局所的に痛みを引き起こす発痛物質が作り出され、周囲に広がります。

 

この痛みが信号となって脳に送られると痛みを感じるのですが、痛みによって交感神経が優位となってさらに血管が収縮します。血管の収縮によって血流が悪くなると、さらに痛み物質が発生し、痛みを引き起こし、さらに痛みが強まっていくことになります。

 

 

この物質を発生させないためには血流を良くすることが必要です。


スポンサーリンク




血流を改善する鍵は血液を増やして体内に巡らせること。

よく血流を改善するには、血液をサラサラにすれば良いと言われます。
しかし近年の研究ではそれだけでは不十分であることが分かっています。

 

血液サラサラとは血液の質だけに着目した言葉ですが、どんなに血液の流れが良くなっても、血液そのものが少なければ全身に行き渡りません。実は、血液の量も多くする必要があるのです。

血液サラサラは万能ではない。同時に少なくなった血液量も増やすことが大事。

 

年齢を重ねると多くの人の血液の量そのものが減少することが分かっています。そしてほとんどの人が自分がそのような状態にあることに気がついていません。

 

大病はもちろん頭痛や腰痛などの慢性的な不調も、よく調べてみると血液の量が足りない状態が引き起こしているというケースが非常に多いと言われています。

 

血液が足りないと全身に栄養不足が行き渡らず、細胞レベルで体のトラブルや老化などを招くからです。

 

血流改善のためにはまず血液を増やすことを意識する必要があります。そしてそれと並行して血液を流す血管そのものを鍛えて、血液をスムーズに体内に巡らせることが大切です。

 

たとえ血液の量が増えたとしても、それを通す血管が弱く、血液を押し出す力がなければ血流を改善することはできません。

 

ですから血液の量を増やすことと同時に、血管を鍛えて体の隅々にまで血液を行き渡らせ、体内に栄養を行き渡らせることではじめて血流が良くなったと言えるのです。

 


スポンサーリンク




まとめ

いかがでしたか?慢性的な頭痛や腰痛、不調の原因は肩凝り、などと安易に考えている人は多いのではないでしょうか。

実はそういった不定愁訴の多くの原因が「血流」にあるということがわかりました。

マッサージや鎮痛剤などの一時的な対処療法に頼るのではなく、根本的に「血流」「血液量」「血管」の状態を改善していくことが快適な毎日の一歩なのです。

 

コメント