夏バテを解消しよう。原因、症状、治し方、対策のポイントは?


夏バテの原因とは? 夏の暑さで自律神経が乱れて起こるさまざまな不調のこと。

連日うだるような暑さの中で体調を崩していませんか?
夏バテとは、夏の暑さから自律神経が乱れて起こるさまざまな症状の事を言います。

本来、夏バテとは、夏の暑さによって起こる食欲不振、食べ物の偏りによって起こる栄養不足、暑さによる睡眠不足などによって体調を崩すことを言います。

冷房が行き届いた現在では、夏の暑さだけでなく、冷房で効いた室内と気温の高い室外との急激な温度差によって、自律神経が乱れることで体温調整が効かなくなり、全身の倦怠感や食欲不振が加速しています。

さらには、冷房で冷えた室内に長時間いることから「冷え」や「コリ」が生じ、より複雑な症状となってきているのが特徴です。

夏バテが引き起こす症状には以下のようなものがあります。

  • 体がだるい、倦怠感がある
  • 疲労感がある、疲れやすい
  • 食欲がなくて食事が進まない
  • 下痢や便秘になる
  • 吐き気がある
  • 胃が重く、胃痛や腹痛がある
  • 常に眠気が襲う
  • めまい、立ちくらみがある
  • 頭痛・肩凝りがひどい
  • 汗が出ず、体温が低い
  • 体がむくむ
  • 夏風邪を引きやすい

外気と室内の温度差から「冷え」と「コリ」が発生して、頭痛がひどくなることも。

冷房によって体が冷えることで、毛細血管が収縮したままになり、血流が悪くなります。それによって全身に「コリ」が生じることで、頭痛や肩凝りといった二次的な症状が発生することになります。

 

夏の暑い時期には、血管が拡張し、熱を逃しやすい状態になりますが、冬の寒い時期には逆に熱を逃がさないように血管を収縮します。

夏の暑さに対応して体が血管を拡張して熱を逃そうとしている時に、長時間冷房の効いた室内にいると、自律神経が混乱を来し、血管を収縮しようとするのです。

これにより、「冷え」が生じ、体の血流が悪くなって「コリ」が発生することになります。血流やコリがひどくなれば、頭痛が発生することもあります。

現代の夏バテを引き起こす生活習慣とは?

それでは、夏バテを引き起こす生活習慣とはどんなものでしょうか。

夏バテを引き起こす生活習慣
  • 体を冷やすために冷たい飲み物を多く取る
  • 食欲がないので冷たい料理、さっぱりしたものばかり食べる
  • 野菜をあまり食べない
  • オフィスなど冷房の効いた室内で長時間過ごすことが多い
  • 運動をする習慣がなく、なるべく汗をかかないで過ごしたい
  • 暑いので湯船には浸からず、シャワーだけで過ごす
  • 冷房の効いた室内で同じ姿勢でデスクワークをしている
  • 夜暑いので就寝時も冷房の温度を下げて寝る

いかがでしたか?思い当たる節がある方が多いのではないでしょうか。かくいう私もほとんどの項目にチェックが入ってしまいました。

暑くて仕方ないから冷たいアイスを食べたり、冷房をガンガンかけて、部屋をキンキンに冷やしたくなったり、だるいから運動もせずにゴロゴロしていると、夏バテを悪化させる原因になります。

夏バテを治すには ①食生活を改善する

夏バテを改善するためには、疲労回復効果のある栄養素を多く含む食品を摂るようにすることが大事です。暑いと水分が多い食品やジュースなどの飲み物を多く摂りがちになることで、消化機能も衰え、体力回復に必要なタンパク質が不足します。

◉ビタミンB1を含む食べ物を多く摂る

ビタミンB1が不足すると、糖質のエネルギー代謝が滞り、疲労物質である乳酸がたまって疲れやすくなり、夏バテを起こします。そのため、ビタミンB1を含む食材を積極的に摂り、エネルギーの代謝をよくしましょう。

ビタミンB1を多く含む食品

・豚肉
・うなぎ
・大豆
・玄米
・枝豆
   など

◉ビタミンB2を含む食べ物を多く摂る

ビタミンBは、人のエネルギー代謝、皮膚や粘膜の健康維持、有害な過酸化脂質の分解を助けます。エネルギー消費が多いほど、ビタミンB2は必要になります。暑い夏はエネルギーの消費も激しいため、ビタミンB2を多く摂るようにしましょう。

ビタミンB2を多く含む食品

・牛レバー
・豚レバー
・納豆
・卵 など

◉クエン酸を多く含む食べ物を多く摂る

炭水化物をエネルギーに変えるために、ビタミンB1、B2と一緒に摂るのが効果的なのが「クエン酸」です。食事で摂ったタンパク質や脂質・糖質は、クエン酸回路(TCAサイクル)でエネルギーへと変換されます。クエン酸を摂るとエネルギー代謝が活発になり、疲労回復を促進したり、肉体疲労を軽減します。レモンなどの果汁に含まれているクエン酸は、香りもよく食欲を増進する働きもあります。

クエン酸を多く含む食品

・酢(穀物酢・ワインビネガー・米酢・黒酢・バルサミコ酢など)
・ゆず、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘類
・キウイフルーツ
・梅干 など

夏バテを治すにはーー②生活習慣を改善する

◉体を動かして汗をかく

冷房の効いた室内でずっと過ごすと、体のセンサーが外気の冷たさを感じて、血管が収縮します。結果として血流が悪くなり、屋外に出た時に自律神経が混乱して、体温調整ができずに体がだるくなったり、体温が調整できなくなったりします。

体力が失われがちの真夏に炎天下でランニングをしたりするのはおすすめではありませんが、軽い体操やストレッチを習慣づけるだけでも十分に効果があります。

自然に汗をかいて体温を調整できるよう、また、血流を良くするための軽めの運動を習慣にするよう心がけましょう。

◉冷房の効いた室内にいる時には、体が冷え過ぎないような工夫をする

冷房の効いたオフィスで一日中仕事をしている人も多いのではないでしょうか。そのため、手足が冷たくなったり、首筋が冷たくなったりすることもしばしば。肩や首が冷えすぎて、血流が悪くなり、肩凝りや頭痛になってしまうこともあります。

体温の調整ができるように、首にはストールを巻く、靴下を履いて足先が冷たくなりすぎないようにするなど、冷えやコリの予防をしましょう。

◉快眠を促す工夫をする

熱帯夜に寝苦しくて目が覚めて寝不足になる人も多い夏の夜。体力の回復には何がなくとも睡眠だけは確保したいものです。

真夏に快適に眠るには、室温の調整が必要になります。ついつい、寝苦しくてクーラーの温度を低く設定しがちになりますが、クーラーを使用する場合の適温は28度くらいです。

人の体は明け方に体温が下がるため、寝始めに暑いと感じるくらいがちょうどいいと言われます。あまり冷気が強いと、一晩中体温を維持するために体はエネルギーを使うことになるのです。直接冷気が体に当たらないように、サーキュレーター(扇風機)などで室内の温度を一定に保つのも効果的です。

 

◉ぬるめのお湯に浸かる

真夏には、湯船入らずにシャワーで済ませる方も多いでしょう。しかし、夏バテ対策に入浴は有効と言われています。なぜ、暑い日にわざわざ熱い風呂に入るのでしょうか。

それは冷房により、外気と室内の温度差がはげしくなることで、自律神経に異常を来たしていいることが夏バテの原因のひとつだからです。

自律神経と深い関わりがあります。現代は冷房の効いた屋内が多く、しかも寒さを感じるほどの強い冷房をかけている場所が増え、外との温度差が非常に高くなっています。そのため、屋外と屋内を出たり入ったりしていると体温調整をしている自律神経に異常をきたし夏バテの症状を引き起こします。

夏バテの予防に効果的な入浴方法は、ぬるめのお湯に20~30分ゆっくりつかることです。時間をかけて体を温めることでリラックス効果が見込めるほか、冷房で収縮された血管が広がって血液循環が良くなるのです。汗もかくため体の中に溜まった老廃物を外へ出すこともできます。

入浴で体がリラックスすれば、自然な入眠効果も期待できます。

まとめ

いかがでしたか? こうしてみると、生活習慣の中に夏バテの原因があり、日頃の少し気をつけるだけで予防できるのがわかります。

夏の暑い時期はまだまだ続きます。体力を失わなれないよう、健康に過ごせるように見直してみたらいかがでしょうか。